メインイメージ

サムハイン祭

このサイトで紹介している「ハロウィーン」の説明の中に何度も「サムハイン祭」という名前が出てきましたが、この「サムハイン祭」とは「サウィン (Samhain) 」と書き、本来は古代ケルトで生まれた「ドルイド教」と呼ばれる宗教の暦で、新年の始まりである「冬」の季節の一日目である十一月一日を迎える祭なのです。
ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、「サムハイン」は日が長い「夏の終わり」を意味する言葉で、日没は新しい日の始まりを意味していました。
そのため、この十月三十一日は一年の終わりと共に夏の収穫を祝う意味もありました。

そうして始まる「サムハイン際」はドルイドの祭司達が、火を焚き、収穫された作物や動物などを与えてくれた神様に捧げたり、火の周りで踊って、今から太陽の季節(夏)が過ぎ去り、暗闇の季節(冬)が始まった事を示すのです。

そうして、翌日の十一月一日の朝になると、ドルイド祭司達は昨夜の火から燃えさしを集まった家族に与えて回るのです。
その燃えさしを貰った家族は、この火を自宅に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖めながら人に悪さをする「妖精」や「悪霊」等が家に入って来ないようにするのです。
それというのも、夏から冬に変わる時期になるとケルトの人々は、現世と霊界の間にある目に見えない「門」が開き、両方の世界の住民が自由に行き来する事が出来ると信じていたのです。

そのため、祭典では火が大きな役割を持っていました。
村民達は牛の骨を炎の上に投げ込んで火が燃え上がると、村人達は他の全ての火を消して、各家族は厳粛に、この共通の炎から炉床に火をつけました。
これにより、村の各家族は一つに繋がってもいたのです。
アイルランドでは今でも、世俗的なハロウィンに参加するとともに、伝統的な方法で「サウェン祭」を祝って毎年ハロウィンの夜には何百もの火が点けられている所もあります。

スポンサードリンク

The Samhain festival

The Samhain festival is written as Samhain and originally a festival to celebrate 1st November, which is the beginning of the New Year, the first day of the winter season in the calendar of the religion called the religion of druids which is derived from the ancient Celts.

Just as the short day suggests the beginning of a new year, Samhain is a word that means the end of the summer with long days and the sunset means the beginning of a new day.

Therefore, 31st October also means to celebrate the harvest of the summer along with the end of the year.

Then Druid priests burn fire, devote to God for providing harvested crops and animals, and dance around the fire to show the end of the season of the sun (summer) and the beginning of the darkness of the season (winter) in the Samhain festival.

Then Druid priests go around to provide embers of the last night's fire to gathered families in the morning of the next day, 1st November.

A Family who received its ember takes it home and makes the fire in the stove to warm the house in order to prevent naughty fairies and evil spirits from coming into the house.
Also Celtic people believed that the invisible gate between this world and the spirit world opens in the change of seasons from summer to winter and people from both worlds are able to to come and go freely.

For this reason, a fire played an significant role in the festival.

When the villagers throw the bones of cattle on flame of fire and burn it, they turn off all of the other fire and each family lights a fire in the fireplace solemnly from this common flame.

As a result, each family in the village was connected to one.
Even now in Ireland, while people participate in the secular Halloween, they light hundreds of fires in the evening of Halloween to celebrate the Samhain festival in the traditional way in some places.

Sponsored Link

ハロウィーンの歴史

ハロウィーンと魔女

ハロウィーンとカボチャ

ハロウィーンと仮装

ハロウィーンと聖なる火

ハロウィーンの遊び

世界のハロウィーン

ハロウィーンの後に

このページの先頭へ